DEVELOPER BLOG

開発者ブログ

HOME > 開発者ブログ > 【サーバレス入門】サーバーレスとコンテナのどちらを使うべきか - PrismScaler

【サーバレス入門】サーバーレスとコンテナのどちらを使うべきか - PrismScaler

1. はじめに

こんにちは!株式会社Definerの阪本です!
今回は、サーバーレスとコンテナの違い・使い分けについてご紹介したいと思います。

2. 目的・ユースケース

この記事では、サーバーレスとコンテナの違いとユースケースを理解したいときに、参考になる情報やプラクティスをまとめています。

3. サーバレスとコンテナの違い

まずは、サーバレスとコンテナ、それぞれについて説明していきます。
 
・サーバレス
プログラムを実行するためには、コード以外にサーバ(コンピュータ)が必要です。
サーバは、OSやそのバージョン、プログラムを実行するためのミドルウェアなど、さまざまなセッティングを行う必要があります。
従来、アプリケーション構築の前段階として、このようなサーバ構築が必要不可欠でした。
このサーバ構築の部分をクラウド事業者が担い、ユーザはコードだけを準備すればプログラムを実行できる。という考え方がサーバレスです。
ユーザのサーバ準備が不要なので、サーバレスと呼ばれています。
また、従量課金の場合が多いため、バッチ処理など特定の期間以外はサーバリソースを使用しない場合などに、コストメリットを出すことができます。
代表的なサービスとしては、AWS LambdaやAzure Functionsなどが挙げられます。
 

 
・コンテナ
コンテナとは、使用するリソースを他のプロセスから隔離し、その中でアプリケーションを実行する技術です。
そのため、コンテナ上のアプリケーションは、独立したコンピュータ上で動作しているように見えます。
これにより、仮にOSの種類やバージョンなどが異なるサーバでも、同一の環境を簡単に再現することができます。
そのため、ホスト間でのアプリケーション移動なども、従来のサーバ上で動作するアプリケーションに比べて容易になります。
代表的なサービスとしては、AWS ECSやGoogle Kubernetes Engine(GKE)などが挙げられます。
 

 
どちらも、通常のIaaS(Virtual Machine)より効率的で、アプリケーションはホストから分離されています。

4. サーバレスとコンテナの使い分け

サーバレスとコンテナの使い分けの判断軸としては、以下の観点があります。
 
①実行時間/リソースサイズ
実行時間が長かったり、リソース(CPU/Memory)の必要サイズが大きい場合は、コンテナが適しています。
例えば有名なサーバレスサービスのAWS Lambdaは、実行上限が15分、メモリが10Gという制限があります。
 
②システムの管理単位
システムの管理単位がアプリごと(コードごと)の場合はサーバレスサービス、プラットフォーム全体の場合はコンテナが適しています。
 
③ホスト
コンテナは、オンプレミスでもクラウドでも実行でき、サポートされているOSの範囲が広いです。
サーバレスは、クラウド上の特定のプラットフォームで実行されます。
 
④言語
コンテナの場合は、基本的に任意の言語でアプリケーションを作成することができます。
サーバレスの場合は、クラウド事業者の指定する言語で記述する必要があります。
 
⑤ステートフルか
サーバレスはステートレスのため、ステートフルの要件の場合はコンテナを検討する必要があります。

5. 引用・参考記事

6. 独自ソリューション「PrismScaler」について

・ PrismScalerは、開発・運用を要さずにたった3ステップで、AWSやAzure、GCPなどのマルチクラウド基盤構築を実現するWebサービスです。
・ クラウド基盤にまつわる「自動構築」「自動監視」「問題検知」「構成可視化」などの効率化を実現し、クラウドエンジニア、SRE/DevOpsエンジニアが行う泥臭く大変な作業を肩代わりするソリューションです。
・ クラウド基盤構築/クラウド移行や、クラウドの保守運用・コスト最適化など幅広い利用シーンを想定しており、IaaSやPaaSを適切に組み合わせた数百を超える高品質な汎用クラウド基盤を容易に実現できます。
 

7. お問合せ

本記事では、入門編として有益な情報を無料公開しています。ご相談やお問い合わせは「株式会社Definer」へ。

8. Definerに関して。

・ Definer Incは、ITの上流から下流まで一気通貫のワンストップソリューションをご提供しております。
・ AIやクラウドのITインフラなど、先進的なIT技術のコンサルティングから要件定義 / 設計開発 / 実装、保守運用に至るまでの統合的な支援にコミットしています。
・ DevOpsとCI/CDコンサルティングにより「少ないエンジニアで事業が成長する仕組みづくり」「エンジニアが喜ぶ、採用しやすい環境づくり」「高速なアジャイル開発環境」を実現しています。
・ また、自社プロダクトとしてPrismScalerを展開しております。PrismScalerは、AWS、Azure、GCPなどのマルチクラウド / ITインフラの高品質かつ迅速な、「自動構築」「自動監視」「問題検知」「構成可視化」を実現します。