DEVELOPER BLOG

開発者ブログ

HOME > 開発者ブログ > 【AWS入門】AWSエンジニアになるためのAWS資格をまとめてみた - PrismScaler

【AWS入門】AWSエンジニアになるためのAWS資格をまとめてみた - PrismScaler

1. はじめに

こんにちは!株式会社Definerの阪本です!
今回は、AWSエンジニアになるためのAWS資格について、ご紹介したいと思います。

2. 目的・ユースケース

この記事では、AWSの資格はどのようなものがあるか・AWSエンジニアとして資格を取得していくべきかを考えるときに、参考になる情報をまとめています。

3. AWS資格の一覧

まずは、AWSの資格の一覧から紹介します。
2022年11月現在、12個のAWS資格が存在します。
簡単なものから順に、ご紹介していきます。
 
入門レベル
・Cloud Practitioner
 
基礎レベル
・Solutions Architect(Associate)
・SysOps Administrator
・Developer
 
上級レベル
・Solutions Architect(Professional)
・DevOps Engineer
 
領域特化 上級レベル
・Security
・Database
・Machine Learning
・Advanced Networking
・Data Analytics
・SAP on AWS
 
 
最近新しく、「SAP on AWS」資格が追加されたようです。
基幹システムもクラウドの時代なのですね。

4. 取得を目指すべきAWS資格

続いて、エンジニアレベル別に取得を目指すべきAWS資格をご紹介します。
 
・クラウド未経験 & IT未経験の方
クラウドもITも未経験の方は、まずはCloud Practitionerの取得を目指しましょう!
Cloud Practitionerは、基礎的なAWSクラウド知識と業界知識が中心に出題されます。
 
・クラウド未経験 & ITの素地あり
クラウド未経験でもITの経験/知識がある方は、いきなりSolutions Architect(Associate)を受けてみましょう。
このSolutions Architect(Associate)という資格はメジャーで、SAAという名称で親しまれています。
私の前職の某外資系IT企業でも、まずはこの資格を取る人が多かったです。
IT転職市場では、Solutions Architect(Associate)があるだけでも有利になったという体験談も聞いたことがあります。
 
・クラウド開発の経験あり
クラウド経験の開発がある方は、Solutions Architect(Professional)、通称SAPを受験してみても良いかもしれません。
私の場合は、半年程度AWSの実績を積んだところで、SAPもわかる問題が増えてきました。
AWSに自信アリという方は、SercurityやNetworkなどの専門資格に挑戦してみてください。
 
 
最後に受験料についてです。
入門レベルの資格は$100USD、基礎レベルの資格は$150USD、上級レベルや領域特化の資格は$300USDと非常に高価です。
なるべく少ない回数で合格できるよう、AWS公式の模試なども活用し、きちんと対策した上で受験に臨んでいただければ幸いです。

5. 引用・参考記事

6. 独自ソリューション「PrismScaler」について

・ PrismScalerは、開発・運用を要さずにたった3ステップで、AWSやAzure、GCPなどのマルチクラウド基盤構築を実現するWebサービスです。
・ クラウド基盤にまつわる「自動構築」「自動監視」「問題検知」「構成可視化」などの効率化を実現し、クラウドエンジニア、SRE/DevOpsエンジニアが行う泥臭く大変な作業を肩代わりするソリューションです。
・ クラウド基盤構築/クラウド移行や、クラウドの保守運用・コスト最適化など幅広い利用シーンを想定しており、IaaSやPaaSを適切に組み合わせた数百を超える高品質な汎用クラウド基盤を容易に実現できます。
 

7. お問合せ

本記事では、入門編として有益な情報を無料公開しています。ご相談やお問い合わせは「株式会社Definer」へ。

8. Definerに関して。

・ Definer Incは、ITの上流から下流まで一気通貫のワンストップソリューションをご提供しております。
・ AIやクラウドのITインフラなど、先進的なIT技術のコンサルティングから要件定義 / 設計開発 / 実装、保守運用に至るまでの統合的な支援にコミットしています。
・ DevOpsとCI/CDコンサルティングにより「少ないエンジニアで事業が成長する仕組みづくり」「エンジニアが喜ぶ、採用しやすい環境づくり」「高速なアジャイル開発環境」を実現しています。
・ また、自社プロダクトとしてPrismScalerを展開しております。PrismScalerは、AWS、Azure、GCPなどのマルチクラウド / ITインフラの高品質かつ迅速な、「自動構築」「自動監視」「問題検知」「構成可視化」を実現します。